中堅消費者金融一覧おすすめ・ブラックリストでも借りれる消費者金融ナビ

中堅消費者金融は大手で借りれなかったブラックでも融資してもらえる確率が高いです。

 

審査が不安な方はこちらがおすすめ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブラック金融相談ナビ

 

大手の消費者金融でいくつか借りているとしばらくするとお金が借りられなくなります。
多重債務をしていると次に借りたいと思って申し込んでも審査に落ちてしまいました。

 

どうしても月末の給料の時にお金が足らなくなって生活出来ないほどになってしまい、
お金を借りたいと思って色々探して見つけた消費者金融。

 

街金でも借りました。

 

 

中堅消費者金融なので独自の審査方法のようで有名なキャッシング・カードローンでは審査に落ちた私にも貸してくれました。

 

どうしてもお金が必要という人にはおすすめです。

 

専業主婦でも借りれますし、ブラックや金融事故を過去に起こした方でもOKなのだそうです。

 

 

 

私も借りれた中堅消費者金融はこちら

 

お金を借りすぎて返せない それでも貸してくれるのは?

 

 

借金を抱えている方は、毎月返済が大変ですよね。
一生懸命やりくりしても、どうしても足りなくなってしまう事もあると思います。
新たに借入をしたくても既に大きな額の借金があるから審査に落ちてしまった、という方も居るでしょう。

 

そんな方は、ぜひ中小規模の消費者金融で審査を受けてみてください。
中小のメリットは、審査の基準が緩くて通りやすい所です。
ほかに複数借金のある人や債務整理中の人、ブラックリストに載っている人でも借りられる可能性が、大手よりも高いので名前は知られていなくても実は人気の会社が多いのです。

 

また、いくつもの会社から借り入れをして返済が非常に手間、利子が高くて困っているという人のために借金を一本にまとるサービスをしている所もあります。

 

ブラックでも絶対融資可能な消費者金融って?

 

ブラックリストに載っているけれどお金を借りたい!だけど審査に通らないかも…。という心配を抱えている方は居ませんか?

 

ブラックでも確実に借りられる消費者金融があれば良いのですが、残念ながら「確実に」という所はありません。
あるとすれば無審査で貸してくれる代わりに法外な利子を取る闇金くらいな物でしょう。

 

でも、「確実に」とは言えませんが「借りられる可能性が高い」という消費者金融ならあります。
それは街金や中堅規模の消費者金融です。

 

大手は利率が低く、安心して利用できるというメリットがありますが審査が厳しく、ブラックリストでは借り入れは難しいです。
一方、中堅や街金は名前はあまり知られていないので不安に思う人も居るかと思いますが審査が緩いので借りやすいのです。
また、安心して利用できるかどうかは口コミサイトを見れば評判が分かりますのでそれを参考に選ぶと良いですね。

 

 

おすすめはこちら

 

お金借りれない、でも借りたい 申し込みブラック・断られたらここの金融がおすすめ

 

お金を借りたいのに借りられない、申し込んでも審査に落ちてしまう、という人にはブラックリストの人が多いのでは無いでしょうか。

 

最近の消費者金融は本当に誰でも使いやすくなりました。
バイトをしている学生さんやパートの主婦でも収入があればOKです。

 

しかし、ブラックリストに載っているとなるとそうは行きません。
特に大手の消費者金融はブラックリストに厳しいので今現在ちゃんとした収入があってもリストに載っていれば借りられない、という事もあるようです。

 

そんな人におすすめなのは、中堅の消費者金融や街金を紹介しています。
審査はあるので誰でも借りられる、無審査キャッシング、という事ではありませんが大手に比べると審査がかなり甘い会社が多々あります。
ブラックOK、多重債務OKな会社もありますので一度ご覧下さい。

 

消費者金融のブラックとは

 

「ブラックリスト」。様々な場面で使われ、よく耳にする言葉ですが、良い意味で使われる事はまずありません。消費者金融を利用する場合も、ご自身がブラックリストに載るような事は絶対にあってはなりません。それでは逆に、どうしたらブラックリストに名前が載ってしまうのでしょうか。

 

そもそもブラックリストと呼ばれるものは、現実に一覧表のようなものが存在するわけではありません。それぞれの金融機関では、新たに申し込みを受けた利用者の返済能力を調査するため、信用情報機関と契約しています。全ての人の情報があるわけでは無く、消費者金融をはじめ、クレジットカードや各種ローンなどを過去に利用した際の情報が登録されています。特に支払いの延滞や滞納があった場合には事故情報として記載され、中でも滞納や債務整理をした利用者には「異動」と記載されます。

 

これがいわゆる「ブラックリストに載る」という意味なのです。それぞれの信用情報機関により差はあるものの、その後5年から10年の間は記録が残るので、消費者金融に限らずクレジットカードや各種ローンの新規申込みはもちろん、利用中のカード類に関してもいずれ使用停止になる事を覚悟しなくてはなりません。つまり現在だけではなく、将来にわたって影響し続けるのです。

 

キャッシングやクレジットは結局のところ借金ですから、その返済の約束を破った時には大きな代償を支払う事となるのです。上手に使えば便利な仕組みですが、計画的に利用することが大切です。

 

ブラックリストにならないようにするにはどうしたらいいのか

 

ブラックリストと言う言葉を耳にしたことはあるでしょうか。一度掲載されてしまうと二度と借り入れやカード契約などができなくなってしまうと言われているものなのですが、実際にはブラックリストと呼ばれるようなものはありません。ですが近いものとして個人信用情報機関が管理している信用情報というモノがあります。

 

これは過去の金融機関利用歴や未納歴を記した履歴なのですが、この履歴の内容によっては未納が続いていたり他社の借り入れが多かったりすると再度のローン契約やクレジットカード契約ができないという仕様なのです。

 

これらの情報に掲載されないようにするための方法はただひとつ、お金に対してルーズにならないことです。最終的には借金の返済に対して未納を続けてしまった場合や、やむなく自己破産などの債務整理を実施した場合などに信用情報は登録されます。登録されると正規の金融機関ではそれらの情報を確認することができるため、信用情報を元に審査を行い利用可否を判断するのです。返済期日を守り早急に返済することで、俗に言われるブラックリスト入りは免れることができるのです。語弊を生むようなこの単語はあくまで隠語で有るため、正式名としては使われていません。

 

延滞しているが借りれるところってあるの?

 

キャッシングで返済期日を過ぎても返さずに延滞していると、とりあえず返し終わるまでは新しい借り入れはできなくなりますよね。
もともと借りている会社はもちろん、延滞の情報は業界で共有されますので他の会社に申し込んでも断られる事もあります。

 

延滞中だけど、どうしてもお金が必要!という時はどうすれば良いでしょうか。
おすすめなのは、街金での借り入れです。中堅の消費者金融では延滞や滞納はお断りとしている会社が多いです。

 

延滞の情報はそういった会社でも調べる事にはなっていますが、審査の基準が甘い所が多いので多少延滞していても通れるケースが多いのです。
口コミサイトなどを見ていると、「返済期日を守るよう念を押されましたが借りられました」という話や「他社の借り入れの返済プランまで一緒に考えて貰えた」という話がちらほらあります。
結構「ワケあり」の人を相手に商売しているような所もありますので何かと相談に乗ってくれるのかもしれないですね。
申込みだけでもしてみて損は無いと思います。

 

借りやすい中堅消費者金融はこちら

 

キャッシングの審査に落ちる理由って何だろう?

 

キャッシングの審査に落ちる原因は多数ありますが、理由としては一つです。

 

【この人に融資しても、お金が戻ってこないかもしれない】

 

勿論会社や審査する人の判断によって判定ラインの甘い厳しいはありますが、結果的にはそれ以外の理由はありません。
そういう商売とはいえ、赤の他人にお金を融資するわけですから自然にそのラインは厳しくなります。

 

では原因ですが、こちらも一言でいうと信用情報のマイナス部分がどう思われるかなのです。
大手ではここに傷があれば、ほぼ審査には通りません。

 

債務整理の経験あり
消費者金融に限らず、支払い延滞履歴あり
他大手での審査の落選履歴あり(直近3ヶ月程度)

 

よくいうブラックというのは、この手の金銭的な事故の経歴をいいます。
新規の方が審査落ちで一番多いのは、支払い延滞履歴でしょうか。
携帯電話や光熱費はあまりに長い延滞をしてしまうと、知らない内にお金を借りられない身となっている可能性があります。

 

大手消費者金融は一度落ちたら他を訪ねても無駄です。
諦めて、中堅消費者金融を当たりましょう。

 

そして中堅消費者金融で審査落ちする最大の原因は、延滞履歴です。
大手と違い債務整理や落選履歴は問題ないと判断されるところが多いのですが、延滞だけは大きなマイナス要素となってしまいます。

 

規模を問わず消費者金融全体で言えることなのですが、延滞してしまえばもう借りられません。
元々日本は遅刻に厳しい国です。
遅れるということは信用を無くすという事と同じであり、これをやってしまえばもうおしまいです。

 

逆に言えば、これさえなければ基本的には借りられます。
収入面は少ないなら少ないなりで少額を融資してもらえますし、ちゃんと返済してくれる人はお客なので消費者金融も無下にはしません。

 

これから借りようという方は、延滞だけは絶対しないという事を覚えておけばいいと思います。
借金の支払いを最優先にするのはおかしいと思うかもしれませんが、その対応が次の危機を救ってくれる事にもなるのです。

 

キャッシングの審査の時間ってどの位?

 

簡単に結論から言いますが、大手は数分、中堅は長いところでは一週間程度掛かります。
規模によって大きな差が出るのですが、基本的に問題がない人程早い傾向にあります。
逆にいうと、審査に時間がかかればかかるほど、その人に融資できるかどうかはギリギリであるという証明です。

 

大手の即審査の理由は簡単で、どこか一つでも融資できない理由があればそれで審査落ちだからです。
テストでいうなら100点か0点しかなく、大手の基準を満たしているという事はどこでも融資を受けられるといっても間違いではありません。

 

機械的に判断するので、借りようとする人の事情は関係ありません。
どんなに悲惨であろうと、ここで融資しなければ破滅する手前であっても、判断は一律です。

 

中堅消費者金融は、そんな機械的な判断で落ちてしまった大手の受け皿です。
ある程度の事情は汲んで対応してくれる為、お客一人一人の状況を総合的に判断して結果が出ます。
そういう意味では、即日融資とはいきません。
全てがそうとはいいませんが、審査に時間が掛かる消費者金融は審査が甘い傾向にあります。
ただし甘いのは審査だけで、融資額や金利は大手より厳しいので、くれぐれもご利用は計画的に進めてください。

 

 

対応地域

 

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 山梨県 長野県 新潟県
富山県 石川県 福井県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
愛知県 静岡県 岐阜県 三重県 大阪  兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県
岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 
佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

 

金融コラム

 

おまとめローンを展開している、銀行系(メガバンク)金融機関を例にあげてみると
・三井住友系 モビット、プロミス ・ りそな系 りそなプレミアムカードローン
あたりが有名です。これらメガバンク系のおまとめローンは、正確には「フリーローン」といって、低金利のキャッシングローンのようなものです。なぜかメガバンク系の金融機関は「おまとめローン」という言葉を嫌っており、「フリーローン」や「カードローン」という言葉を使って、展開しております。ちなみに、メガバンク系のカードローンが金利が安い理由として銀行に余り気味の預金の貸出先として、カードローンの需要を取り込み、お金の流れをよくしたいという意図があるからです。他の地方銀行や独立系の金融機関になると、資金調達の兼ね合いで大大的に展開がやり辛いという事情があり、おまとめローンの金利の部分では、メガバンク系列のほうに軍配が挙がるでしょう。各金融機関の事情や規模によりますので、一概には言えませんがやはり有利な金利でおまとめローンを組みたいという事であればメガバンク系列のフリーローンを申請してみたらどうでしょうか?あくまで、用途はフリーローンであると申請したほうがいいでしょう。間違っても「他社からの借入を返済する為の」おまとめローンとして申請しているというのは、伏せておいたほうが無難でしょう。