自営業でもお金を借りたいけど審査は通りにくいの?

安定した収入があるサラリーマンなどと違い、自営業の人は収入が不安定なため、お金を借りたくても審査が通りにくくなる可能性があります。勿論、自営業者といってもピンからキリまで色々で、中にはサラリーマン以上の売上を稼いでいる人もいるでしょう。しかし、そのような人は全体から見ればごく一部であり、自営業者全員が高所得者というわけではありません。

 

審査が通りにくくなると、まず借りれる金額が低くなる可能性があるので注意が必要です。消費者金融会社の中には自営業者を相手にも融資をしてくれる所は多くありますが、総量規制の関係でどうしても借りれる金額は少額になってしまうのです。

 

せっかくお金を借りれても、少額ですと生活費の足しになるだけで終わってしまいます。サラリーマンと違い、生活費以外に事業資金も調達しなければならない自営業者にとって、総量規制は非常に厄介な制度といえるでしょう。

 

そこで消費者金融会社の中には、お金の使い途を事業資金に限定することで、年収の3分の1以上の融資が可能な事業者向けのローンを提供している所もあります。

 

総量規制がある以上、通常のキャッシングでは年収の3分の1以上の借入を消費者金融会社にお願いすることはできません。しかし、事業資金専用のローンを組むことで、審査の弊害を突破して高額の融資を受けることができます。

 

自営業が借りたい時はどんな時

 

自営業がお金を借りる理由は様々ですが、一番イメージしやすいのはやはり事業資金を調達したい時でしょう。

 

勿論、自営業者だって生活費の足しにするためにお金を借りることはあるでしょう。しかし、自営業者には生活費よりも優先しなければいけないことがあります。それは事業です。

 

雇用先がない自営業者の収入源は、運営する事業です。ビジネスを円滑に進めることでようやく自営業者はお金を稼ぐことができるのであり、もしもこの事業が破綻してしまえば、たちまち収入源はゼロになります。

 

事業を円滑に進めるためにはたえず資金を流動させないといけません。資金繰りの悪化が原因で事業が破綻してしまったという自営業者は世の中に多くいるでしょう。

 

自営業者は事業を継続させることで、生命線を保つことができるのです。そのため、いざというときに自営業者にお金を貸してくれる貸金業者は、自営業者にとって非常にありがたい存在になります。

 

月に1回、同じ日に給料が支払われるサラリーマンと違い、自営業者というのはいつ売上が入ってくるかわかりません。お金が入ってくる見込みがあるにも関わらず、今はお金がないため取引先に入金できない、このような雁字搦めな状態に陥った時に、借金をすることで事業を円滑に継続させることができます。

 

サラリーマンと違い、自営業者にとってお金を借りることはビジネスを維持するために必要不可欠な行為なのです。

 

 

自営業でもお金を貸してくれるのはどこがいい?

 

大手ではアコムかプロミス、中堅では事業者ローン枠が記載されている所に可能性があります。
というのも自営業の場合は元々がかなり借り辛く、枠があるからといって審査に通りやすいかというと決してそんなことはないのです。
むしろ一般の勤め人の方より数倍借り辛い傾向にあり、ここからの立て直しは相当困難なのが現実です。

 

理由も簡単で、自営業の方がお金を借りにくるという時点で危険だからです。
逆を言えば、店や事業がちゃんと回っていれば資金繰りに困る訳はありません。
商売が上手くいっていない何よりの証明であり、お金さえあれば立て直せるという店主の言葉を信じるには相当な裏付けと条件がなければいけません。

 

消費者金融側も、どちらかというと困っている方に融資するというよりは、利益を上げている方に対する融資として事業者向けプランを展開しています。
つまり、これから始める開業資金を求める方か、上手く行っているので今以上に大きな商売をする為の必要資金を工面するというのが殆どなのです。
決して、店の営業が上手く行かずお金が足りなくなった方向けへの融資プランではありません。

 

業種にもよりますが、飲食店は不調ならほぼ無理でしょう。
いきなり流行る理由は当然ありませんし、融資する意味がありません。
社会的な信用という意味では、どうしても自営業は厳しくなってしまうのです。