過払い請求とは

 

ここ数年「過払い金を取り戻せます」といった弁護士事務所や司法書士事務所の広告を多く目にするようになりました。「過払い金」とは消費者金融などの利用者が、本来支払う必要が無かった文字通りの「払い過ぎたお金」の事です。なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

 

お金を借りると借入金には利息が付きますが、利息は貸す側が勝手に決めて良いのではなく、法律により上限が定められています。「利息制限法」では利息の上限を年率20%と定めていますが、この利息制限法は罰則規定がありません。一方、利息を定めた法律がもう一つあります。「出資法」という法律では利息の上限を年率29.2%と定め、厳しい罰則規定もあります。どちらの法律を根拠に利息計算をした方が儲かるかは一目瞭然、貸金業者の多くは出資法を根拠に年利29.2%で利息を算出していました。現在では貸金業法が改正された事を機に出資法も改正され、共に上限利率は20%とされました。

 

この改正貸金業法の施行を機に、利息制限法に定められた金利を超える分は違法であるとの確定判決が出たことで状況は一変します。既に借入れを完済している人にとっては、最高で9.2%分も多くの利息を払い続けていた事になるので、その分の返還を求める正当な権利が発生したことになります。これが「過払い金返還請求権」です。

 

これは、あくまで権利ですので行使しなければお金は戻りません。また完済時から10年経過すると消滅時効にかかり、請求権はなくなります。長年かけて完済した方は一度、弁護士や司法書士に相談すると良いでしょう。また、現在返済中の方も元金が減る、または完済の上過払い金が発生する可能性もあります。ただし返済中の場合は債務整理にあたるので、信用情報機関に記録が残りますので慎重に検討しましょう。

 

過払い請求は個人でも出来るのか?

 

自分が返している借金が戻ってくる。こんな夢のような言葉を最近は謳い文句に法律事務所などが広告を掲げていることがありますが、見たことは無いでしょうか。これらは過払い金請求と呼ばれる対応を掲げたスローガンであり、場合によっては金融業者からお金を回収することができるのです。
金利上支払い過ぎた金額を再計算して請求するのが過払い金請求ですが、この対応は個人でもできるのでしょうか。
実際は個人でやろうと思えば可能ですが、技量が必要なため素人には出来ないと考えてもよいでしょう。いわば商売で回収した金額をエンドユーザーに返金するという対応ですから、金融業者としては損失です。そのため実際に請求を行う際は裁判の形式を取ることになります。だいたいの場合は業者側は欠席しますので、本人だけで判決が出ることが多いといいます。

 

ですが必要書類の提出や対応方法・説明方法など素人が行うことによって訴訟に使う情報がぐちゃぐちゃになってしまう可能性がありますし、過払い金請求は成功しても手元にほとんどお金の残らない作業で有るため、一人であれこれと行うのは危険とも言えます。

 

過払い請求する際、無料診断シミュレーターがあるのはここ

 

誰かに頼むにしても、まずはおおまかな流れであったり対応方法、必要金額の相場などを知っておいて損は無いでしょう。これらを優しく丁寧に解説してくれているホームページが有るのです。それが街角法律相談事務所です。
ここの借金解決ツールというモノを使えば簡単な問診だけでどんな対応をするのが今ベストなのかというのを診断してくれる便利なツールなのです。

 

街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込プログラム

 

このツールで回答してもらえるのはあくまでも自己破産などの債務整理などについてがほとんどですが、その他の対応についてもヒントになるようなことが書かれていたりしますので初めてお金関係で問題を抱えてしまった人にはおすすめのツールです。

 

過払い金請求は必ず戻ってくるという確証はどこにもありません。そのため高いお金を払って法律の専門家の力を借りたとしても必ずしも結果がついてくるとは限りません。そうなった時に一人で方法を探し、必要書類を揃え、尚且つ裁判所に提出してから裁判判決を出すまでに非常に長い時間を要します。普段慣れないことをするのであればやはり専門家に任せるべきですし、多少の金線が発生してもしっかりとツールで確認し、しっかりと過払い金請求を行うことができれば、ツールや無料相談などの存在意義も出てくるのでは無いかと思います。

 

アイフル過払い請求について

 

現在アイフルは大手金融業者ではありますが銀行系傘下に加入しない独立金融業者でもあります。そのため過払い金請求などが頻発することで経営も豊かではなくなってきている様子があり、近年アイフルも事業再生ADR」の申請を行ったとされています。これは私的整理手続きで再建返済などの猶予申告をするものです。つまりこの手続を行っている段階でアイフルの経営は良好とは言えないのです。

 

その関係上法律家の中でもアイフルの過払い金請求に対しては元本の数割に割合を減少させて早く案件を終了させようとする節があるようなのですが、そうではなく時間がかかってもいいから全額過払い金請求したいという意思があるのであれば全額請求に対応してくれる良心的な法律事務所を探す他ありません。

 

それでも元々この過払い金請求という物自体が業務上どうしても時間を要する作業でも有りますので簡単な話ではありません。全額請求ともなればそれこそいつまで時間がかかるかがわかりませんので法律事務所に対しての報酬も高額になる可能性があります(成功報酬型であることがほとんどなので回収額を上回ることはありません)。そのためアイフルを相手とする過払い金請求は請求額と期間に要注意というわけです。

 

アコム 過払い請求方法

 

過去にアコムに対して利息制限法の上限金利を超える利息を払っていた場合、超過部分の利息は支払い義務のない利息になるため過払い金として返還を求めることができます。
過払い請求をするためにはまず、アコムより取引履歴を取り寄せる必要があります。債務者とアコムとの間にどのような取引があったのか、その履歴がないと過払い請求を起こせませんので、これは必須になります。

 

取引履歴を取り寄せる方法としては普通郵便や書留郵便、内容証明郵便、FAX、電話など複数あります。
これらの方法で取引履歴の開示要求をすれば、だいたい2週間から3週間ほどでアコムから取引履歴を取り寄せることができます。

 

取引履歴を取り寄せたら、次にすることは過払い金の計算です。利息制限法の上限金利に対して、一体いくら利息を払い過ぎてしまったのかを計算することで、1円の誤差なく過払い金を取り戻せます。
過払い金の計算が終了したら、あとはアコムに過払い金の返還請求をするだけになります。特に問題なく話が進めば、アコムから指定した口座に過払い金が振り込まれます。

 

アコムは消費者金融会社の大手ということもあって、たとえ過払い請求であっても終始丁寧に対応してくれます。わざわざ訴訟を起こさなくても正しく手続きを踏むことで、余計な時間や労力を割かずに過払い金を取り戻すことができます。