モビット返せない

モビットは大手消費者金融で、コマーシャルなどもよくされているので知っている人も多いと思います。

 

大手と言うことで利用している人も多い会社ですが、もちろん借り入れを利用すると返済をしていくことになります。とても便利な消費者金融ですが、その手軽さから、つい借りすぎてしまい返せないという人も少なくありません。

 

モビットでお金を返すことができないからといって他の消費者金融からモビットの返済のためにお金を借りる事はますます借金だらけとなってしまいます。
モビットは正規の消費者金融なので、無茶な取立ては行いませんが、何度も返済をしていないと、最終的に裁判所から一括返済を求められてしまいます。

 

どうしてもモビットへの返済が難しくなってしまったら、債務整理することをおすすめします。
債務整理というと自己破産のほかにも任意整理、民事再生と、3種類の方法があります。それぞれ返済額を減らしたり、金利をカットしたりと、メリットもあるのですが、今後新たな借り入れができなくなったり、財産を手放さなければいけなかったりとデメリットも当然あります。

 

それでも借金からのストレスから開放されることはとても大きなメリットです。
しかしモビットは大手消費者金融なので、審査は甘くありませんので、今後モビットを利用することはできないと考えていてください。

 

モビットで返せない時、どの位の期間なら許容範囲なのか?

 

モビットは大手の消費者金融会社の一つであり、テレビのコマーシャルなどでも有名です。信頼と実績が豊富なため、初心者でも安心してお金を借りることができます。

 

インターネットからでも簡単にお金を借りることができるモビットですが、いざ借入をしたら返済日までにお金を返さないといけません。リボ払いならば現在の債務残高に応じた最少返済額だけ支払えば良いので、余程高額の借金を抱えない限り、月々の返済のせいで家計が圧迫されることはないでしょう。

 

しかし、それでもお金を返せないような時は、3ヶ月以内に返済できるアテを探しましょう。モビットでお金を返せず、延滞をしても3ヶ月間くらいならばブラックにならずに済むかもしれません。

 

モビットで返せず、延滞をしてしまった場合、まず会社側から催促の連絡と督促状が届きます。この時点で既に遅延損害金が発生していますので、返済の際には元金と利息、そして遅延損害員を支払うことになります。しかし、払ってしまえば催促の電話も止まりますので、元通りの生活を送れます。

 

しかし、3ヶ月経過しても返済されない場合、信用情報機関にブラックの情報が載ってしまう恐れがあるので注意が必要です。そして、ブラックリストに載ってしまった後も延滞を継続した場合、最悪財産を差し押さえられる可能性もあるので、延滞は三ヶ月以内に解消させましょう。