無職はお金を借りれるのか?

アルバイトやパートのような安定した収入源を確保している人と比べ、無職の人というのはそれだけでお金を借りるのが困難になります。

 

まず、収入がない人は消費者金融会社からお金を借りることができません。消費者金融会社は貸付額を年収の3分の1の規制にする総量規制の対象となりますので、収入がゼロの無職の人ではお金を借りることができないのです。

 

これは専業主婦のような、配偶者には収入があるけれど、本人に収入がない場合も当てはまります。収入のない専業主婦がお金を借りるためには、収入がある配偶者が申し込みをしないといけません。ただし、一部例外があります。

 

総量規制の対象である消費者金融会社から無職の人がお金を借りるのは困難ですが、その対象外である金融機関ならばお金を借りれる可能性があります。その金融機関とは銀行です。

 

銀行は総量規制の対象外になりますので、たとえ安定した収入のない専業主婦であってもお金を借りれる可能性があります。ただし、いくら銀行からお金を借りることができたとしても、余程の事情がない限りは配偶者にきちんと説明をしてからお金を借りた方が良いでしょう。

 

専業主婦が借りたお金を返すためには、どうしても配偶者の収入に頼らないといけません。夫婦生活を円満なものにするためにも、きちんと相手の了承を得てからお金を借りましょう。