お金借りて逃げるのは可能か?

借金を返し切らずに夜逃げする…こういう話はフィクションの物語にはよくありますが実際にはそのような事はできるのでしょうか。

 

友人、知人に借りたのであれば一生恨まれる事を承知でドロンする…という手段もありますがキャッシングサービスで借りた場合はどうでしょう。
法律の上では時効という物がありますので、その時効を過ぎれば返さなくてOKです。
でも、時効が来る前に貸した側が手続きを取れば時効は延長となりますのでそう簡単に時効を迎える事はできないと考えた方が良いですね。

 

手続きをするにもお金が掛かると言う事で「わざわざそこまでして延長の申し立てをするより諦めるだろう」という人も居ますがそれはどうなるか分からない事です。
そして運よく時効になったとしても、返さずに踏み倒したという履歴はしっかりと残るので次にお金を借りたりローンを組んだりする時の審査に大きく影響します。

 

やっぱり踏み倒そうなどと考えずにきちんと返しましょう。
返済が苦しい時はまずは相談です。

 

時効の援用とは

 

法律で定められている事柄のなかのほとんどの要項には時効というものが存在します。よくニュースなどでもある事件が時効を迎えるという内容を流したりしていますので、時効という言葉に対しての若干のイメージだけでも持っていることかと思います。

 

その時効についてですが、実は借金についても適用されているのです。消費者金融の時効はあまり知られていないため利用する人も少ないのが現状ですし、利用者が多いと消費者金融が成り立たないためそれはそれで問題です。ですがノウハウを知っていることで大きな借金がいきなり帳消しになることも有るのです。

 

簡単には時効と言っても勝手に時効が成立するというわけではありません。自分で時効で有ることを手続きする必要があります。自分で借り入れをしていた金融業者に対して手続きをすることを「消滅時効の援用」といいます。これは返済を全く行わない期間が5年間を超過した時、消滅時効を利用する旨を内容証明書類で金融業者側に伝えることで今までの負債を一切支払わなくても良くなるというものです。その額が大きくても少なくてもこれは同じです。

 

時効の援用が難しいのはなぜ?

 

ただし、この消滅時効の援用を行使するのは非常に難しいとされています。まずひとつの理由に時効の存在すら知らない人が多すぎることです。こんな手続きがあると知っていれば利用する人も多いかも知れませんが、そもそも時効が存在すること自体を知られなければ利用する人もいません。

 

それに返済を5年間も無視するということはそれだけで個人信用情報機関に登録されることは間違いないので、今の借金が帳消しになったとしても今後の借り入れなどについては非常に大きな影響力を与えます。

 

更には5年間も返済を無視するということは5年間に続く業者からの取り立てに悩まされることになりますし、更には夜逃げ同然に逃げまわる生活を強いられることにもなります。返済をしないということはつまり返済できない事情も含めてその事自体がご法度なわけですから、業者としても未納利用者から返済してもらえるように督促してくるのは当たり前です。ストレスが非常にかかることは間違いないですし、それらに耐える必要があるのです。

 

もともとは返済することを前提に借りているお金なわけですから、時効の存在を知っているからといってむやみに時効を利用しようとするのは規約違反です。そんなことをすれば金輪際金融機関では借り入れができなくなるというリスクも有るため、乱用しないよう気をつけましょう。