任意整理は一番軽い解決手段です。

 

任意整理とは、借金を整理する債務整理の中でも一番軽い解決手段です。
この状況では借金が払えないと融資側に訴えて、弁護士や司法書士を間に借金の減額を申し込む示談のような制度です。
任意整理手続き中は借金の支払い義務が一旦止まるので、ちょっとした休憩にもなります。

 

基本的には、任意整理成立後は払えるだろうと判断された借金総額になります。
利息もプラスされなくなるので、純粋に総額から減額された支払いになります。

 

任意整理後は、5年間はローンが組めなくなります。
所謂ブラックリスト入りで、5年間は信用情報に任意整理の経歴が記載されます。
借りていた消費者金融は勿論のこと、車やその他高額商品の分割払い全てが審査落ちになってしまうので注意してください。
また5年経ってもローンの審査を受ける資格が戻るだけで、審査に通るかどうかはまた別問題…というよりかなり審査には通りにくいのが現実です。
とはいえ、任意整理は支払いが続くので、そこからさらにローンを組む余裕など無いといえばないのですが…。

 

あくまで話し合いの結果なので、消費者金融やローン先が任意整理を断る可能性もあります。
断ったところで借金が払われる訳ではないのですが、実際に断られる例も少ないながら存在しています。

 

任意整理のメリット・デメリットとは

 

任意整理のメリット

 

借金の減額及び利息が消えます。
減額は話し合いによって成立するので、払えない借金から払える範囲の借金まで減るのは確実です。
過払い金等で、実はもう借金は無くなっていたというパターンもあります。

 

任意整理のデメリット

 

減額の割合は低めで、あくまで払える範囲に収まるというだけで生活が楽になるわけではありません。
むしろ細かな返済計画を練ることになるので、完済までは返済以外の余裕はあまりないのではないでしょうか。

 

また、5年間のブラックリストはあくまで信用情報上の話です。
消費者金融やクレジットカードの顧客リストに記載されている情報は、期限など存在しません。
故に5年後からは借りやすくなる訳でもなく、過去に任意整理の経験があるということで審査は高確率で落ちてしまいます。

 

はっきり言って、割に合わない制度です。
減額で払えないところを計画的に払えるようにして、そのペナルティがローンの難易度上昇+成立後の借金生活です。
住宅ローン等で、自己破産ができない人のための制度といってもいいでしょう。

 

総額にもよるのですが、任意整理がギリギリなら自己破産を選んだ方がいい場合もあります。
判断するのは自身ではなく弁護士や司法書士の方なので何ともいえませんが、デメリットだけ見れば自己破産の10年ローン禁止が5年になっただけです。
もう借りられないというのはどちらも違いはないので、どうせなら自己破産で借金を帳消しにして二度と借金をしないような生活をスタートした方が楽ではあります。

任意整理なら住宅ローンって組むことが出来る?

 

結論から言うと、任意整理後でも住宅ローンは組めます。
勿論信用情報から消える5年後以降の話ではあるのですが、可能性はゼロではありません。
ただし、普通の人が住宅ローンを申し込むよりは圧倒的に低確率なのは間違いありません。

 

最低限の対策として、過去にローンを組んだ関連会社を避けましょう。
例えばアコムで過去に借金をした場合、住宅ローン先に三菱東京UFJ銀行を選んでもまず通りません。
繋がりのない銀行を選んで、何とかなるかどうかというところです。
昔から口座を盛っている地方銀行等が一番可能性は高いのではないでしょうか。

 

当然ですが、相場以上に貯金を確保しておく必要はあります。
このご時世、ギリギリの長期ローンは何の問題もない人でさえ通らないのが現実です。

 

頭金も多めで、住宅ローンの分割自体も少なめに設定して、通るかどうかという賭けになります。
自分の希望通りに欲しい新築を建てる!というような住宅ローンは論外です。
無理のない範囲で、余裕を持って払える返済計画を立てた住宅ローンで勝負しましょう。

 

個人的には、どうしてもマイホームが欲しい方以外はお勧めしません。
住宅ローンを借金で考えるとかなりの金利で、また支払いに対する遅れは消費者金融以上に厳しいペナルティを課されます。
支払う総額だけをみれば借家で家賃を払っていたほうが、圧倒的に安いのもまた事実です。