債務整理期間中でも融資可能で借りれる金融はどこ? 

債務整理中だけど生活が苦しい、新たにお金を借りたい…そんな悩みを持つ方もいらっしゃると思います。
債務整理をしていると、金融機関で共有されるブラックリストに載る事になるので、新たな借り入れは難しいですよね。
実際、アコムやプロミスに申込をしてみたけれどやっぱりダメだった…という話も多いです。

 

でも、どこも貸してくれないというわけではありません。
大手は審査が厳しいので落ちる可能性が高いですが、中小規模の消費者金融ならば借りられる可能性があります。
中小規模の所は、審査基準が緩いのでブラックリストに載った人でも借りやすいのです。
あまり名前は知られていない会社が多いので最初は不安もあるかと思いますが、ネットなどのクチコミで評判を調べて安心できそうな所を探しましょう。
中には取り立てが厳しかった、審査でさんざん待たされた挙句ダメだったという所もありますので評判のよい所を選ぶのがコツです。

 

お金が無くて困っているという方は、ぜひ中小規模の会社に申込みをしてみてください。

 

債務整理とは

 

自己破産や個人再生と言った単語については聞き覚えの有る方も多いと思いますが、債務整理という単語については聞き慣れない人も多いかと思います。実は債務整理というのは先述した自己破産、個人再生、任意整理の3つの法律上対応出来る負債に対しての救済方法をまとめた総称なのです。つまり借金の返済が難しくなった際にはまず債務整理をするかどうか検討し、行うとなった場合にどの方法にするのか、という検討方法になるのです。

 

簡単に説明すると自己破産は借金を全額帳消しにします。ですので大きな金額の負債に対して使われることも多いのですが、大型財産の没収などの制裁もありますし免責の許可が下りるかどうかも確実では無いため、出来る人とできない人がいます。

 

そして個人再生ですが、これは主に法人で使われることもあるないようなのですが、現在発生している借金の元本自体を約3年?5年で返済できるように調整する方法です。

 

あと最後の任意整理は、裁判所にて金利の発生を一切止めた上で支払える額だけ限定して支払うという方法なので、この方法を利用すれば返済履歴も残すことが出来、尚且つ金利も発生せず元本の一部のみの返済で完済扱いとなるので利用者も増えています。

 

債務整理の費用について

 

ただこれらの債務整理は普段からおk内慣れている手続きというわけでもないかと思いますので、素人が自分一人で処理をしようとすると非常に面倒ですし厄介です。そのため多くの場合は法律家の力を借りて遂行することがほとんどです、ただ、ピンきりではありますが弁護士に依頼した場合の報酬額は約30万円から50万円とされており、司法書士の場合でも20万円から30万円とされています。

 

この額に差にあるのは「実際の手続きを誰がするのか」によって生まれています。弁護士の場合ですと依頼をすると必要書類の調達以外の免責申請手続きなどの一切を代行してもらえるのですが、司法書士は代理権が無いため手続きの一切は書類調達も含めて自分自身で行わなければなりません。ただし必要書類の調達方法やテンプレートの説明などはひと通り行ってもらえます。

 

借金に対しての救済を行うということであってもこれだけの高額のお金が発生してしまいます。もし報酬が支払えないということなのであれば事前に相談してみましょう。分割で応じて貰える場合もありますし、もっと安くで対応出来る事務所の誘導などに応じてくれるところもあります。一人で悩んでいても何も始まりません。